腸内環境を整えるためにしていること

私達の腸の中には、数千種類、および数百兆個にもの腸内細菌が、腸内細菌叢を形成しており、これは腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラは腸内の状態を健康に保つように働きかけていますが、全身の免疫機能にも深く関係していることが近年の研究で次第に明らかになっており、腸内フローラの乱れは、肥満や糖尿病、アレルギ―症状やうつなど、様々な病気の要因にもなりうる可能性が高いのです。

また、年齢とともに腸内フローラの働きや全身の免疫機能は低下してゆく傾向なので、腸内フローラの働きを活発化させるようにすることは、健康維持やアンチエイジング効果を促進させます。

腸内フローラを整えるための方法として、食事については、食物繊維が豊富な食材をバランスよく摂取することが大切です。

特にタマネギやバナナなどはオリゴ糖も豊富で、腸内のビフィズス菌のエサとなるため、腸内フローラを整えるために役立ちます。

また、ヨーグルトや味噌、チーズなどの醗酵食品を摂り、乳酸菌を増やし腸内の善玉菌が増えるように促します。

また、食事以外にも適度な運動や、ストレスの早めの解消なども、腸内フローラの乱れを防ぐ効果が期待できるので、実践してみることをおすすめします。

腸まで届く乳酸菌サプリなんかもよく効くのでおすすめですよ!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP